スタッフブログ

顎関節症について

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 助手の矢沢です。

朝晩冷たい風が吹き、冷え込む季節となりましたね。

寒さで無意識に歯を食いしばっていることはございませんか?

歯の食いしばりは、歯が擦り減ったり、顎の周りの筋肉に過剰に負担がかかってしまい、顎関節症という症状を引き起こしやすくさせます。

顎関節症の原因は食いしばりだけではなく、歯ぎしりや噛み合わせの異常、寝るときの姿勢、精神的なストレスなどがあります。

また最近では、柔らかい食べ物の多い食生活から噛む力が弱くなっているため、顎関節症は増加しています。

顎関節症の主な症状は、

顎が痛い

口を開けるときにカクカクと音が鳴る

口を大きく開けられない

などです。

当院では、顎関節症の方には、スプリントというマウスピースの治療を行っております。スプリントをはめていただくことで、歯が擦り減るのを防ぎ、顎の負担を減らします。

顎に違和感を感じたらぜひ当院にお越し下さい。

アイインプラントセンターへ

 

 

 

2015年11月 7日 15:27

歯科医院のレントゲン撮影について

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 受付の清田です。

歯科医院でパノラマと呼ばれる、上顎・下顎の全体像を見ることが出来るレントゲンを撮ったことがある方も多いと思います。このパノラマでは、外からは見えないたくさんの情報を得ることが出来ます。どの程度の大きさの虫歯なのか、虫歯から神経までどの程度の距離があるのか、歯と歯の隙間や境目に虫歯が出来ていないか、歯の根っこの先に膿がたまっていないか、さらには、歯を支える骨がどの程度減っているかなどで歯周病の進行度も見ることが出来ます。これらの情報を得ることで、適切で安全な歯科治療を進めていくことができるのでレントゲン撮影は歯科治療には欠かせないものになります。そこで、放射線の被ばくが気になられる方もいらっしゃるかと思いますが、歯科用レントゲンはX線が少ないので安全です。

まず、歯科医院で撮影するレントゲン写真の放射線量は大きいレントゲン写真も小さいレントゲン写真も同じです。どちらの線量も自然界から1年簡に受ける放射線量の40~100分の1程度と極めて少ないです。また、妊娠されている方も妊娠初期・中期・後期に関わらず安全です。放射線量が少ないうえ、腹部は鉛が入った防護エプロンで被ばくをほぼ0にすることが出来るからです。レントゲン撮影は、自覚症状のない虫歯や歯周病を発見出来たりより良い治療を進めていくことができるので診察するうえでとても大切な検査となります。

アイインプラントセンターへ

2015年10月31日 17:19

フルスマイルについて

こんにちは大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 受付の柴田です

皆さんは何気ない普段の表情のときに思いっ切り口角があがって上の歯の奥歯にほっぺの内側の粘膜があたらないくらい上手にフルスマイルしていますか?フルスマイルできる表情筋があると歯がきれいに並ぶといわれています。高校生や大人になると、歯並びがだんだん乱れてきて親知らずを無理してでも抜きましょうかということになりがちですが、実は、このフルスマイルを忘れてしまう生活になっているため、口の中がどんどん狭くなって、ガタガタになるという説があるほどフルスマイルは大切です。皆さんぜひ表情筋を思い切り上にあげて、口角を上げてグッとよい笑顔を!

アイインプラントセンターへ

2015年10月23日 13:57

こんにちは。大阪府東大阪 アイインプラントセンター歯科衛生士の近藤です。

 皆さんはバイオフィルムという言葉を聞いた事がありますか?バイオフィルムとはプラーク(歯垢)と同様、歯周病菌を含む細菌の塊ですが全く一緒のものという訳ではありません。まずプラークとは、食べ物のカスが歯の表面につき細菌が繁殖したもので、白くネバネバしており、食後8時間が経つとプラークができると言われております。このプラークを除去する為には毎日の歯磨きが大切です。

次にバイオフィルムはプラークと同じだと思われがちですが細菌が集合してできた巣窟にフィルムのような膜を作っているものです。膜を張ってしまうと唾液による殺菌作用ができなくなってしまうだけでなく歯ブラシで擦っても落としきれません。台所やお風呂場のヌメリと同じようなものといわれています。お口の中にもあのヌメリがあると思うとぞっとしますよね。バイオフィルムに有効と表示のある歯磨き剤もありますが完全に除去するのは難しいと言われています。

ではどうするかと言いますと、歯科医院で行う「PMTC」と呼ばれるクリーニング方法で除去していきます。普段の歯磨きでは落とせないプラークやバイオフィルムを専用の器具とペーストを使って磨いて取り除きます。クリーニングのあとは歯の表面がつるつるして気持ちが良いですよ。ご自分で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアをしっかり行い健康でキレイなお口を保っていきましょう。

アイインプラントセンターへ

 

 

2015年10月17日 16:36

おやしらず

こんにちは。大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 助手の松本です。 2015年も残すところあと3ヶ月となりましたがいかがお過ごしでしょうか? 今日は親不知をほおっておくとどうなるのかをお話いたします。 親不知とは、第三大臼歯と呼ばれる20歳前後で生えてくる永久歯のことです。 4本とも生えてくる人もいれば、一本も生えてこない人もいたりと様々です。 また、生え方も様々ですが、なんの異常もなくまっすぐに生えている場合もあれば、 横向きに埋まっている状態などがありますが、親不知が横向きに埋まっている状態で あれば、早い段階で抜かれた方が良いでしょう。 確かに歯を抜くことは、怖くなったり不安だったりしますよね。 しかし、親不知が変な方向に生えていたり、埋まっている状態のままほったらかしにしてしまうと 隣接している歯が虫歯になったり、歯周病が進行していく原因にもなります。 また、重要な予定が入っている時や、妊娠中に限って痛みや腫れの症状が出る事があります。 これは体の抵抗力が落ちていたり、ホルモンのバランスが崩れているからです。 また、一度は痛みが出たものの、数日経って落ち着いたという場合も要注意です。 こういう場合、特に放置してしまいがちですが、一度症状が出たものは再発します。 症状が出た場合は、細菌感染が起こっており、不潔域の環境にあるため、再発しやすいのです。 このまま放置していると、それまで健全だった隣の歯まで悪化してしまい、一本どころか 複数本の歯を処置しなくてはなりません。最悪の場合、隣接した奥の歯を抜かないと いけないというケースもあります。 親不知を抜くか抜かないかは、「痛いかどうか」は基準ではありません。 親不知を残すことのリスクや、自分自身のお口の中の状態をよく知っておくことが大切です。 アイインプラントセンターへ

2015年10月 9日 18:27

歯周病と糖尿病の関係について

大阪府東大阪 アイインプラントセンター 歯科衛生士の澤井です。

9月も終わりに近づき、涼しい日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は歯周病と糖尿病についてお話をさせていただきます。歯周病も糖尿病も生活習慣病として、よく取り上げられていますが、歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いと報告されています。さらに最近では歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっています。糖尿病から歯周病への影響として、糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下して、感染症にかかりやすくなります。細菌感染を原因とする歯周病も、糖尿病の人は健康な人に比べてかかりやすくなってしまいます。また、高血糖状態で歯茎の血管が傷んでしまうことで、歯周病が進行しやすくなります。

次に、歯周病が糖尿病に及ぼす影響として歯周病により、歯茎の中で作り出される炎症物質は、血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げるため、糖尿病を悪化させます。糖尿病と歯周病、2つの生活習慣病を予防するためにも、ぜひ歯科での検診をうけてみてください。

アイインプラントセンターへ

2015年9月26日 17:31

セラミック

東大阪市 長瀬にありますアイインプラントセンター 歯科助手の前川です。

みなさん、歯の詰め物やかぶせものの種類のお話を聞かれたことはございますか?話しているときや笑ったときに銀歯があると目立ちますよね。虫歯になってしまい銀歯をかぶせなくてはいけないとき、「ここに銀歯が入るのか」と残念な気持ちになります。銀歯ではなく白いセラミックの歯に変えると口元だけではなく気持ちまで明るくなります。透明感が高く、治療した歯の色を取り込む為に、自然な色合いに仕上がります。また、劣化や吸水性が無いため、変色や口臭、虫歯の心配がありません。セラミックの詰め物はは歯と一体化し強度を増します。白くてきれいで、透明感もありそれがセラミックであることが分からないくらい進化しています。セラミック材料の進化によって金属を使わなくても精度、強度、審美性が向上したセラミックが開発され、今まではできなかった透明感が加わりキレイなセラミックで治療が出来るようになりました。セラミックは茶碗みたいな陶器だから割れるの心配という方もいるかもしれません。実はセラミックが欠けるよりも残っている歯が欠けることが多いくらいです。多少の欠けたくらいなら、磨けば綺麗になりますし、大きく欠けても欠けた部分だけをセラミックで補うことができます。また、ブリッジなど長く折れやすい処置をする時でもジルコニアというセラミックを使えば折れる心配はありません。

セラミックは金属やプラスチックのように劣化するものではないので全てをやり直す必要もなく、丈夫で長く使えるものです。当院でも治療の前にカウンセリングを行っておりますのでにお声かけください。

アイインプラトセンターで

 

 

 

2015年9月12日 11:54

仕上げ磨き

こんにちは。大阪府東大阪市、アイインプラントセンター歯科衛生士の大下です。

朝晩、ずいぶん涼しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?さて、今日はお子様の仕上げ磨きについてお話します。皆様はお子様の仕上げ磨きなさっていますか?家事やお仕事で忙しいなど、様々な理由があると思いますが実際、お子様のお口の中を1度見てみてあげてください。磨いてはいるけど磨けていないというお子様も少なくはありません。歯の表面ばかり磨いている歯ブラシを口の中に入れてはいるが動いていない力が強いなど、なかなかうまくできていないことが多いです。特に乳歯から永久歯に生え変わる時期は歯の高さが違うので、磨き残しが多くなります。まずは徹底した歯磨きで虫歯を予防しましょう。乳歯の虫歯は永久歯に悪影響を与えます。生えたばかりの永久歯は柔らかく虫歯になりやすいです。

虫歯のない健康な強い歯を作り上げるためにも歯磨きを徹底して行う必要があります。お忙しいとは思いますが夜だけでも仕上げ磨きをしてすべてのばい菌を取ってあげてください。仕上げ磨きをする際は、あぐらをくんでそこにお子様仰向けで寝させ、前歯の上にある小帯にあたると痛いので、あたらないように指で排除して磨いてください。

アイインプラントセンターへ。

2015年9月 5日 14:58

足りない永久歯

大阪東大阪市 アイインプラントセンター 受付の山口です。

今日はみなさんにぜひ知っておいて頂きたいことがあります。永久歯は大人になると勝手に生え揃うものだと思っていませんか?個人差はありますが、多くて6本以上永久歯が足りないこともあり、これを先天欠如といいます。永久歯が足りない部位は歯が生え変わらないので歯の大きさが異なり歯並びが悪くなってしまいます。子どものうちにきちんと検査を受けて整ったきれいな歯を目指しましょう。

アイインプラントセンターへ

2015年8月29日 17:16

子どもの歯ぎしり

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 歯科助手の川原です。

今回は子どもの歯ぎしりの原因について書いていきたいと思います。歯ぎしりは、歯が生えたばかりの幼児の頃からみられます。でもほとんどの場合、子どもの歯ぎしりは心配することがありません。初めは「吸う」という動きが主だが、徐々に上下左右の動きが複雑に組み合わされた「噛む」という動きをするようになります。そうすると、下顎と頭蓋骨は、いつも安定していられる位置を見つける必要があります。そこで本来あるべき場所を探す行動として歯ぎしりをするとされているのです。

ですので、この時期の歯ぎしりは成長に即した正常な反応なのです。ただし、急な環境の変化などのストレスで歯ぎしりを誘発することもあるので、いつまでもやめない子は、他の原因がないか検証してみることが必要になります。

アイインプラントセンターへ

2015年8月22日 15:49
Back 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
電話番号、診療時間と地図 WEB予約はこちら
  • インプラントにご興味のあるあなたに
  • インプラントとは?
  • インプラントと天然歯の違い
  • インプラントの歴史
  • インプラントの種類、メーカー
  • インプラントは怖い・不安のあるあなたに
  • 歯を失ってお悩みの方へ
  • インプラントのメリット
  • インプラントによる治療効果
  • インプラントと従来の治療方法比較
  • インプラント治療成功条件
  • インプラントはどれぐらいもつの?
  • インプラントは痛い・怖いと思われているあなたに
  • インプラントの術式
  • インプラントフラップレス手術
  • 切らないインプラント治療
  • インプラント無痛麻酔
  • インプラントの上部構造
  • 骨がすくないときのインプラント
  • 痛くない・怖くないインプラントをあなたに
  • インプラント治療期間の短縮
  • GBR(骨誘導再生)
  • ソケットリフト法
  • サイナスリフト法
  • 抜歯即時埋入
  • 即日インプラント
  • インプラントは高い・大変と思われているあなたに
  • オールオンフォーとは?
  • インプラント治療と全身疾患
  • インプラントと歯周病の関係
  • インプラントと喫煙
  • インプラント周囲炎
  • インプラントの治療計画を知りたいあなたに
  • ストローマンインプラントについて
  • CTスキャン
  • インプラントシミュレーション
  • SimPlant
  • インプラントはどこでもできると思っているあなたに
  • 日本口腔インプラント学会 日本口腔インプラント学会専門医・認証医
  • 米国インプラント学会認定医(AAID Associate Fellow)
  • インプラント治療症例
  • インプラントをぜひしてみたいと思われているあなたに
  • インプラント料金案内
  • 治療の流れ
  • 患者様の声
  • よくあるご質問
  • インプラントの保証
  • インプラント無料相談
  • セカンドオピニオン
  • インプラントの日帰り手術
  • 治療費の医療費控除
カテゴリ アーカイブ
インプラント無料相談 ご相談はこちらより インプラント資料請求 Click インターネットで簡単予約 WEB予約はこちら
センターインフォメーション
  • 設備紹介
  • センターツアー
  • センター紹介/アクセス
  • スタッフ紹介
  • 求人案内
診療時間 近鉄大阪駅「長瀬駅」徒歩3分 TEL 06-6723-4182 詳しくはこちら 今西歯科医院 大阪アート矯正歯 大阪歯周病センター 大阪入れ歯・義士センター 求人専用サイトはこちら 所長ブログ スタッフブログ お支払いはカードでも OKです。デンタルローン取り扱い店
PAGETOP

大阪のインプラント専門歯科医院