スタッフブログ

歯ブラシについて

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 受付の室山です。

毎日の歯磨きで何本の歯ブラシを使っていますか?今回は歯ブラシの種類と使い方について、ご紹介します!

歯ブラシの種類
■基本の歯ブラシ
まずは、基本の歯ブラシを1本を選びます。一般的に「縦に3列」毛があり、横の長さが人差し指の第一関節くらいのもの、または、奥歯1本~2本分くらのものがコントロールしやすいとされています。何本か色々なメーカーのものを試してみて、自分で隅々まで磨きやすいものを見つけるのがオススメです。

■補助的に使う歯ブラシ
歯の形は人それぞれで、まったく同じことはありません。「基本の歯ブラシ」では届かない汚れを落とすために、補助的な役割として使える歯ブラシをいくつか持っておくのがオススメです。

〈ブラシ部分が少し小さな歯ブラシ〉ブラシの部分が細いので、基本の歯ブラシでは入りにくい狭いところや歯並びがでこぼこしているところに適しています。矯正治療中も、器具でお口の中が狭くなりがちですので、よく利用される歯ブラシです。
〈ワンタフトブラシ〉ワンタフトブラシは、歯と歯の隙間を磨くのに大変適しています。歯の細かいデコボコにフィットして、歯と歯ぐきの境い目に溜まりがちな汚れもとりやすくなります。お子様の仕上げ磨きにもオススメです。
〈歯間ブラシ〉歯間ブラシは、歯と歯ぐきの部分や、すきっぱなどによって歯と歯の間が空いて側面が出ている部分を磨くのに適しています。ワンタフトブラシでは大きすぎるが、デンタルフロスでは細すぎてするする通ってしまうスキマに利用できます。ただし、歯間ブラシは合わないサイズのものを使うと歯ぐきがすり減ってしまうこともあるので、自分に合ったものを選んで使ってください。

歯ブラシの毛の硬さの選び方

歯ブラシの毛の硬さはJIS規格によって「やわらかめ」「ふつう」「かため」の数値が定められ、商品に記載する決まりになっています。毛の硬さが硬いほど汚れは落としやすいですが、歯磨きのときに入れる力が強すぎる場合がありますので、歯面や歯ぐきを傷つけないためにも、まずは「ふつう」を使うことをオススメします。歯ぐきに何らかの炎症を起こしていて痛みがある場合には、それ以上歯ぐきを傷めないように「やわらかめ」を使用するのがよいですが、歯垢を落とす力は当然弱まりますので、炎症が治まったら「ふつう」に戻すといった使い分けが必要でしょう。また、毛先の先端が細くなっている歯ブラシもありますが、必然的に「細い=やわらかい」となりますので、隙間は磨けても歯の表面の歯垢を落とすのには不向きな場合もあります。サイズ選びや種類を決めるのは難しいかもしれませんので、歯医者さんや衛生士に相談してみましょう。

アイインプラントセンターへ

2016年11月 5日 14:29

舌磨きの効果的なやり方

大阪府東大阪市 アイイプラントセンター 歯科助手の仙波です。

近年はオーラルケアなどニオイに対する意識が高まっていると言えます。口腔内のケアの一環として、舌磨きを行っている人も多いでしょう。しかし、気になる口臭を消すために歯ブラシで舌をゴシゴシと強く磨いている方も少なくないと思います。しかし舌の粘膜はとてもデリケートなので間違った舌磨きを行うと逆効果になることもあるので、口臭予防に効果的な正しい舌磨きの方法をご紹介します。舌に付着している白い汚れは”舌苔(ぜったい)”を呼ばれていて、過剰に付着すると不快なニオイのするガスを放出するため口臭の原因になります。さらにひどくなると味覚障害を引き起こす可能性があるため適切な舌磨きで舌苔を除去するひつようがあります。舌の表面には、小さな突起があり、この突起の隙間にコケ状に汚れが付着するのです。汚れの細菌が繁殖することによって白くなります。まっしろになるほど付着していると、口臭の原因になるので除去する必要があります。

舌磨きの正しいやり方とタイミング

舌磨きは専用のブラシである「舌ブラシ」を使う方法をご紹介します。強くこすりすぎると逆効果になってしまいますのでやさしく行いましょう。口内炎などの舌に何らかの傷がある場合はケアの行うのはやめてくださいね。舌磨きを行うタイミングと注意点を3つ紹介します。①起床時など1日1回のケアで十分ー口臭が気になると、何度も舌磨きがしたくなるかもしれません。しかし、舌への負担を軽減するためにも、1日1回が望ましいでしょう。②歯磨きの前に舌磨きー歯磨きをした後に舌磨きをすると逆効果になりかねないといわれています。③舌磨きでかける力は100グラムー今一つイメージ出来ないかもしれませんが極めて弱い力であると言えます。

舌ブラシの正しい使い方

舌ブラシは、舌磨き専用のブラシであり、舌の形状を考慮して作られています。正しく使用することで効果的に汚れを除去できると言えるでしょう。①舌の汚れの付き方を確認するー舌を出して、奥の方まで汚れの付き方を確認します。②舌の奥に軽くブラシを当てて、手前に動かすーブラシを当てる位置が奥すぎると嘔吐反射が出やすくなる原因につながるので気をつけて、ゴシゴシとブラシを行ったり来たりさせず、奥から手前の方向に動かしましょう。③ブラシについた汚れを落とすーブラシの汚れの付き方を確認し、汚れがあまり付かなくなってきたら舌磨きを終了します。舌ブラシを上手に活用して、清潔な口腔内環境にしていきましょう。

アイインプラントセンターへ

 

2016年10月29日 13:50

タバコと口腔

こんにちは。大阪府東大阪市 アイインプラントセンター助手の八幡です。
今回はタバコと口の健康についてお話します。タバコを吸うと肺ガンにかかりやすい、とよくいわれますが、それ以外にも喫煙により引き起こされる病気は多く、タバコを吸わない人の死亡リスクを1とした場合、毎日タバコを吸っている男性の死亡リスクはとても高くなります。そんなタバコは口の健康にも大敵です。
「タバコは百害あって一利なし」なので、タバコの煙で充満する口の中はとても危険な状態となり、見た目にも醜く不健康です。
喫煙していると、歯の表や裏の面に茶色のヤニが付着します。ヤニは歯ブラシではなかなか取れません。また歯肉は色素沈着が進み、ピンクの歯肉を暗紫色から黒い色に変化させます。そして喫煙は歯周病にとって最大の危険因子です。
歯周病はもともと自分自身では気づきにくい病気ですが、タバコを吸うと歯周病の発見を遅らせます。歯肉が大きく腫れて痛くなったり、歯が動揺して噛めなくなった時には手遅れです。歯周病の初期では歯肉が赤くぶよぶよしたり出血がみられますが、喫煙をしているとニコチンなどの影響でこのような初期症状があまりなく気が付かないまま進行してしまいます。口の中の異常に気づいたら、歯を失う前に身体が悪くなる前に禁煙されることをおすすめします。当院では禁煙外来へのご紹介もしておりますので、お気軽にご相談ください。
アイインプラントセンターへ

2016年10月21日 18:57

デンタルフロス

こんにちは。大阪府 東大阪市 アイインプラントセンター 助手の松本です。
月日が経つのは早いもので、今年も残すところあと3ヶ月となりました。肌寒く感じる日も増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?今日はデンタルフロスについてお話したいと思います。
デンタルフロスは誰もが一度は使ったことがあると思いますが、毎日使い続けるのは、習慣のない方にとっては面倒な事でしかないかもしれません。しかし、デンタルフロスには歯にとって多くの効果があることはご存知ですか?デンタルフロスを定期的に使用することで、虫歯になりやすい歯と歯の間を集中的にケアすることが出来ます。
歯と歯の間は歯ブラシではどうしても磨きにくいため、デンタルフロスを使う習慣がない人は、いつも歯の間に汚れが残ってしまうので、そこから虫歯が進行していきます。
また、虫歯の早期発見や不良補綴物(詰め物や被せ物の縁の部分が変形してめくれていたり、歯のラインに合っていない補綴物のこと)の発見などの効果もあります。
デンタルフロスを歯の表面を擦るように動かしてみて、歯と歯の間にざらつきを感じたり、毎回同じ場所でフロスが引っかかるなどの問題があれば、初期虫歯、虫歯の疑いがあります。虫歯を早期発見できれば、大がかりな治療をしなくても予防処置のみでも十分に治すことができます。また、デンタルフロスを詰め物や被せ物が入っている歯の間に通した時に、引っ掛かりを感じたり、フロスが入らない、糸が切れてしまうといった問題があれば、詰め物や被せ物が合わなくなっている可能性があります。
こちらも早期発見ができることで、合わなくなった詰め物、被せ物付近から進行していく二次カリエス(虫歯治療をした歯が
再び虫歯になること)を防ぐことができます。新しい補綴物へ切り替えるタイミングがわかるのもデンタルフロスを使う効果になっています。
デンタルフロスの使用を習慣づけることで虫歯になる確率を大幅に下げることができます。毎日、継続して虫歯予防につとめましょう!
アイインプラントセンターへ

2016年10月 7日 17:30

口内炎について

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 受付の吉間です。

みなさん一度はかかったことのある口内炎についてお話します。口内炎は一度かかると約1~2週間程度で自然治癒しますが、口内炎にかかってしまうと食べ物が食べにくかったり、飲み物や食べ物で口内炎がしみたりするなどとても厄介なものです。なぜ口内炎はできるのか?その主な原因は物理的な刺激、免疫力の低下です。

まず、免疫力の低下ですが、ほぼすべての口内炎の直接的・間接的な原因となり、唾液の減少、疲れやストレス、ビタミンB2不足などの栄養状態の悪化が引き金となって起こります。次に物理的な刺激は、口の中を噛んでしまった、歯ブラシで口の中を傷つけてしまった、横に傾いた歯が舌や粘膜を刺激している、矯正器具や入れ歯が当たる、などがこれにあたります。

これらの対策としてまず免疫力の低下ですが、睡眠不足や不規則な生活、疲労などにより免疫力が低下すると粘膜が弱くなります。規則的な生活、休息、睡眠をたっぷりとり、体力の回復を図りましょう。

物理的な刺激は、同じところを何度も噛んでしまう場合、歯科で噛み合わせを見てもらったほうがいいでしょう。傾いた歯が舌や粘膜を刺激して繰り返し口内炎ができる場合も同様です。欠けた歯は早めに治し、矯正器具、入れ歯も調整してもらいましょう。またソフトなブラッシングを心がけましょう。

主な原因や対策として2つあげましたが、その他にもビタミンB2不足があげられます。偏った食生活によりビタミンB2が不足すると皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなります。対策としては、バランスの良い食事を心がけ、ビタミンB2の多く含まれている動物性蛋白を多くとるようにしましょう。チョコラBBやハイチオールBなどの、ビタミン剤を補助的にとるといいでしょう。

もし口内炎ができてしまった場合はイソジンや軟膏といったうがい薬や塗り薬を使用し、お口の中を殺菌することが一番の対処法です。まずは口内炎ができないような生活を心がけることが大切です。規則正しい生活、栄養バランスの取れた食生活、歯磨き・洗口剤で常に口の中を清潔に保つことが口内炎を予防することにつながります。

アイインプラントセンターへ

2016年10月 1日 15:12

日本口腔インプラント学会学術大会

こんにちは。大阪府東大阪市アイインプラントセンター、歯科衛生士の大下です。

先週の金・土・日と開催されました、日本口腔インプラント学会の学術大会へ名古屋まで行ってまいりました。名古屋は以前に一度行ったことがありますが、かなり久しぶりに行きました。場所は名古屋駅からわりと近く、大きな国際ホールで行われました。この学会はインプラントの認定資格を取得するために受講しなければならない講座があり、多くの先生方や衛生士の方、技工士の方が来ておられました。
私は当院の衛生士スタッフと一緒に行き、受講講座の前にセミナーも受けさせて頂きました。内容はどちらもインプラントにかかわる事でしたが、診断や検査にもちいるエックス線写真についてと、インプラント周囲炎についてでした。エックス線写真は良く患者様からも「とらないといけないの?」とか「前の歯医者でもとったよ?」などの声も頂きますが、検査・診断をするにあたり必ず必要なこと。
その画像をもとに画像診断し、病変などを発見する為、必ず必要なことを改めて学びました。また、インプラント周囲炎については、天然歯同様にインプラントも周りの組織が炎症をおこすので、しっかりとしたケアの確立が必要であることを学びました。
当院もインプラント治療を行っております。インプラント後には必ず定期検診にお越しいただき、より長くより良い状態でキープ出来るようにケアをさせて頂いております。
インプラントは術後10年経っても95%が生存していると言われています。今後もより長持ちしいていつまでも健康でいる為にしっかり勉強し、患者様のサポートをさせて頂きたいと思っております。
アイインプラントセンターへ

2016年9月24日 16:02

生活習慣病と噛む効果

 

大阪府東大阪市 大阪アート矯正歯科 歯科助手の前川です。
生活習慣病をご存知ですか?
 体の負担になる生活習慣を続けることによって引きおこされる病気の総称です。(いわゆる成人病と呼ばれていたものです)
 代表的なものは、脂質の摂りすぎから引きおこされる高脂血症、糖尿病、高血圧などですが、他に悪性腫よう、脳卒中、肝臓病、骨粗しょう症などもこの部類に入ります。
子供のころから「節制ある生活態度」を身につけていることは、将来的にも心身の健康につながります。
その中でも特に「節制ある食習慣」を築いていくには、まず「口腔内の健康」が欠かせません。
「全身の健康はまず口腔から」と言っても過言ではないのです。口腔は、歯科医師にとって「その人の健康を総合的に見分ける窓」になります。
 例えば、定期的な歯科検査では、摂食障害と前がん状態(がんになる前の状態)などの早期発見が可能です。
 口腔の衛生を保持し、定期的な健診を続けたり、歯科衛生士による専門的な口腔内の清掃処置を受けることは全身の健康への重要な第一歩なのです。
いっぱい噛んで生活習慣病を予防しよう!
1、唾液の分泌を促しガン予防、歯の病気予防、体力向上に!
良く噛むことで、食物を小さく砕き、つぶすばかりでなく唾液や胃液の分泌を促し増加させるので、それらに含まれる酵素がさらに食物の消化を高めます。 
これはガンの予防にもつながります。また唾液は口腔内にある無数の細菌の繁殖をおさえると同時に自然の清掃作用なども促すので
歯の病気(むし歯・歯周病等)の予防にもなります。さらに体内への養分や栄養素の吸収を促進させ、その結果子供の発育を促し瞬発力を養うなど体力向上にもつながるのです。
2、脳を活性化させ、肥満・老化防止に!
食物を噛むためには、顔や顎の周囲にある25以上の筋肉を使います。
良く噛むことで、脳内温度が上昇し血流の循環が活性化され、脳に十分な酵素と栄養が送られます。そして脳神経細胞が刺激されて脳細胞の代謝が活発になります。その結果、頭がさえて集中力が高まり、記憶力増加にも影響するので勉強にも身が入り成績アップにつながります。さらに、味を感じる脳細胞も刺激され口に入ったものが美味しく食べられるようになります。同時に、これ以上食べ過ぎないようにと満腹中枢も目覚め、肥満防止にもつながります。
 また、噛むことがストレスの発散になり本能的な満足感が満たされるばかりでなく、高齢者には老化防止、ボケ防止、脳卒中の予防にもなります。
3、正常な咬合が美しい発音や言葉を生みだします!
良く噛むことで、正常な咬合と歯並びをつくります。きれいに回復した口元は正常な発音と美しい言葉を生み出すばかりでなく、そろった白い歯が口元から見える、見た目の美しい生き生きとした美男美女に育てます。高齢者にとっても若々しく見せるための秘訣で、発音が良くなり声も若返ります。 本来ある自然な口元を回復するには、その人の人格・個性の回復にもつながり精神衛生面にも大いに役立ちます。
予防歯科なら大阪アート矯正歯科へ
 

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 歯科助手の前川です。

生活習慣病をご存知ですか? 体の負担になる生活習慣を続けることによって引きおこされる病気の総称です。(いわゆる成人病と呼ばれていたものです)

 代表的なものは、脂質の摂りすぎから引きおこされる高脂血症、糖尿病、高血圧などですが、他に悪性腫よう、脳卒中、肝臓病、骨粗しょう症などもこの部類に入ります。

子供のころから「節制ある生活態度」を身につけていることは、将来的にも心身の健康につながります。

その中でも特に「節制ある食習慣」を築いていくには、まず「口腔内の健康」が欠かせません。

「全身の健康はまず口腔から」と言っても過言ではないのです。口腔は、歯科医師にとって「その人の健康を総合的に見分ける窓」になります。

 例えば、定期的な歯科検査では、摂食障害と前がん状態(がんになる前の状態)などの早期発見が可能です。

 口腔の衛生を保持し、定期的な健診を続けたり、歯科衛生士による専門的な口腔内の清掃処置を受けることは全身の健康への重要な第一歩なのです。

いっぱい噛んで生活習慣病を予防しよう!

1、唾液の分泌を促しガン予防、歯の病気予防、体力向上に!

良く噛むことで、食物を小さく砕き、つぶすばかりでなく唾液や胃液の分泌を促し増加させるので、それらに含まれる酵素がさらに食物の消化を高めます。 

これはガンの予防にもつながります。また唾液は口腔内にある無数の細菌の繁殖をおさえると同時に自然の清掃作用なども促すので

歯の病気(むし歯・歯周病等)の予防にもなります。さらに体内への養分や栄養素の吸収を促進させ、その結果子供の発育を促し瞬発力を養うなど体力向上にもつながるのです。

2、脳を活性化させ、肥満・老化防止に!

食物を噛むためには、顔や顎の周囲にある25以上の筋肉を使います。

良く噛むことで、脳内温度が上昇し血流の循環が活性化され、脳に十分な酵素と栄養が送られます。そして脳神経細胞が刺激されて脳細胞の代謝が活発になります。その結果、頭がさえて集中力が高まり、記憶力増加にも影響するので勉強にも身が入り成績アップにつながります。さらに、味を感じる脳細胞も刺激され口に入ったものが美味しく食べられるようになります。同時に、これ以上食べ過ぎないようにと満腹中枢も目覚め、肥満防止にもつながります。

 また、噛むことがストレスの発散になり本能的な満足感が満たされるばかりでなく、高齢者には老化防止、ボケ防止、脳卒中の予防にもなります。

3、正常な咬合が美しい発音や言葉を生みだします!

良く噛むことで、正常な咬合と歯並びをつくります。きれいに回復した口元は正常な発音と美しい言葉を生み出すばかりでなく、そろった白い歯が口元から見える、見た目の美しい生き生きとした美男美女に育てます。高齢者にとっても若々しく見せるための秘訣で、発音が良くなり声も若返ります。 本来ある自然な口元を回復するには、その人の人格・個性の回復にもつながり精神衛生面にも大いに役立ちます。

アイインプラントセンターへ

 

2016年9月17日 17:48

歯ぎしりについて

大阪府東大阪市 アイインプラントセンター 歯科助手の北川です。 ご家族に歯ぎしりを指摘されたことはありませんか? 今日は、歯ぎしりについてお話します。 歯ぎしりの原因は一つではありませんが、最も有力なのはストレスです。 引越し、転職、入学などの環境の変化で歯ぎしりが強くなることがあります。 歯並びも原因の一つです。歯並びが綺麗な人でも歯ぎしりをしますが、 歯並びが悪いことによって噛み合わせが変化しやすくなり、歯ぎしりもしやすくなります。 その他にも、虫歯や歯周病、食いしばりの癖など様々な原因があります。 歯ぎしりをすることによっておこる症状としては、 ① 歯の周りにある歯根膜という膜が炎症を起こし、噛むと痛くなる ② 歯や歯茎にダメージが加わり歯がしみる ③ 歯に亀裂が入り、神経が死んでしまう ④ 顎関節症になり顎が痛くなる ⑤ 歯に大きな力がかかり歯が割れてしまう ⑥ 肩や首が凝りやすくなる ⑦ 顔の周りの筋肉が発達し、顔が大きくみえる 等があげられます。他にも様々な症状が存在します。 歯ぎしりは精神面が関係していることもあり、治療を行っても確実に止めることはできませんが、悪い影響を最小限に食い止めることはできます。そのために、マウスピースによって守ることが必要となります。 歯医者さんで、より自分にあったマウスピースをすることで、正しい噛み合わせを保ちながら歯を守りましょう。 アイインプラントセンターへ
2016年9月10日 14:33

口臭について

大阪府東大阪市  アイインプラントセンター 助手の竹原です。
皆さんはふとした時にご自分の口臭が気になることはございませんか?
口臭はニンニクなどの食べ物だけでなく、口の中のトラブルや全身の
病気が原因になってることがあります。
おしゃべりを楽しんだり、第一印象を良くするためにも口臭は防ぎたいものです。
今日は口臭の原因と対策についていくつかご紹介いたします。
原因①食べ物が臭いの元
 時間が経つと消えるので問題ありません。
 臭いが残りやすい食べ物は
 ・アルコール ・たくあん ・納豆 ・干し物 
 ・ニンニク ・ニラ ・ネギ
 などです。
原因②全身の病気が臭いの元
 糖尿病の場合、特有の酸っぱい臭いがして、病気に気づくという場合もあります。
 また、胃腸が弱かったり、鼻づまりによる口呼吸で口臭がすることも。
 病気が原因の場合は、その病気を根本的に治療して初めて消すことができます。
原因③口の中が臭いの元
 口臭の原因の85%は、口の中にあります。
 1、歯垢 
  通常食事の2時間ほどで歯垢は分解され、臭い始めます。
  歯垢による口臭を防ぐには、歯磨きが1番です。
  外出先などで歯磨きが出来ない時は、水やお茶でのうがいが効果的です。
 2、虫歯や歯周病
  まずは、治療です。そして、きちんとした歯磨きの習慣をつけましょう。
  また、義歯やブリッジも汚れがつきやすいので、自分の歯以上に歯磨きは念入りに!
 3、舌苔
  成分は歯垢と同じようなもので、舌に白い苔のように付きます。
  舌苔が付いていたら、歯ブラシや舌ブラシで取りましょう。
 4、唾液の減少
  口の中は常に唾液により自浄作用が働いています。
  この唾液が少なくなった時に口臭が強まることがあります。
  朝起きた時の口臭がこの代表的なものです。
  他にも緊張した口が渇いた時、女性の月経・妊娠時期などがあげられますが
  これらは生理的口臭と呼ばれ特に心配はいりません。
  口臭は色々な原因があり、それぞれの原因に合わせた
  対策法で口臭を改善し、素敵な生活を送りましょう!!
  アイインプラントセンターへ

2016年9月 3日 14:59

歯をボロボロにしていく習慣

大阪市東大阪市 アイインプラントセンター 受付の室山です。

今日はあなたの歯をボロボロにしていく習慣についてお話します。

〈ダラダラ食いを止める〉

飲食の回数が増えると、お口の中で脱灰に傾く時間が長くなり、虫歯ができやすくなくります。例えば、同じ数のチョコレートを、「数時間おきに食べる人」と「一度に全て食をべる人」では、「数時間おきに食べる人」の方が虫歯のリスクが高まります。食べる量ではなく、食べる回数が大きく影響する事が分かります。虫歯にならないようにするためには、時間を決めて間食を取ったり、飲食の回数を減らしたり、規則正しい食事を取ることがとても大切です。

〈就寝前に食べたり飲んだりしている〉

「虫歯は夜作られる」、そんな風に言われるぐらい寝ている時間は危険な状態です。就寝中は唾液分泌が減少するため、唾液のもつ酸性を中和して歯を保護する機能や、食事やプラークによって溶かされたエナメル質などの自己修復を行う機能が働かないため、無防備な時間帯になります。寝る前には歯を磨くことをお勧めします。

〈歯茎が腫れる(歯周病)自覚症状を無視している〉

実は歯周病などの細菌は歯茎から血管に入り込み、全身を巡ってしまいます。そのため動脈硬化、心臓血管疾患、肥満、糖尿病、早産などに影響を与えているのではないか、といわれています。

〈「よく噛むこと」を「強く噛み切る」と勘違いしている〉

よく噛んで食べることは、消化や脳の刺激のためにとても大切。しかし歯への許容以上の負荷はグラつきを拡大させたり、歯周病の進行を促進する原因となるのです。適度な力で噛む回数を多くすることを心がけましょう。

〈痛みがなくなったので通院をやめる〉

最もよくない選択肢です。例えば、虫歯が原因で歯の神経を取った場合、痛みはなくなります。しかし、治ったわけではありません。そのまま治療を止めると、治療前より歯のダメージが急速に進行してしまうのです。

予防法↓↓

《食後の歯磨きが重要》

歯磨きは、食後30分位に磨くことが望ましいとされており、その際は丁寧に食べかすを落とすことが大切です。歯ブラシだけではお口全体の汚れを落とすことが難しいため、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具を併用して虫歯を防ぎましょう。外出など歯磨きが難しい場合は、食後にキシリトール100%のガムを噛むか、お口の中に停滞する食べかすを少なくするためにブクブクうがいをするなどをして、お口の中を清潔に保ちましょう。

《フッ素もオススメです》

薬局やスーパーなどで販売されている「フッ素配合の歯磨き剤」や、歯磨きの後に使う「フッ素配合ジェル」などの低濃度のフッ素は、プラーク中の細菌の働きを弱めて、酸を作る力を抑える効果があります。日頃から使用して、虫歯のリスクを下げることに役立てはいかがでしょうか。また、歯科医院では、高濃度のフッ素を塗布し、歯の質を強化するという方法もあります。

【最後に】

歯科で定期的な検診を受け、治療をして専門的なクリーニングや個人に適した食生活指導を受けておくことも大切です。全身の健康を保つことにもつながりますので、まずは、お口の健康を保つことを心がけましょう。

アイインプラントセンターへ

 

2016年8月27日 15:19
Back 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
電話番号、診療時間と地図 WEB予約はこちら
  • インプラントにご興味のあるあなたに
  • インプラントとは?
  • インプラントと天然歯の違い
  • インプラントの歴史
  • インプラントの種類、メーカー
  • インプラントは怖い・不安のあるあなたに
  • 歯を失ってお悩みの方へ
  • インプラントのメリット
  • インプラントによる治療効果
  • インプラントと従来の治療方法比較
  • インプラント治療成功条件
  • インプラントはどれぐらいもつの?
  • インプラントは痛い・怖いと思われているあなたに
  • インプラントの術式
  • インプラントフラップレス手術
  • 切らないインプラント治療
  • インプラント無痛麻酔
  • インプラントの上部構造
  • 骨がすくないときのインプラント
  • 痛くない・怖くないインプラントをあなたに
  • インプラント治療期間の短縮
  • GBR(骨誘導再生)
  • ソケットリフト法
  • サイナスリフト法
  • 抜歯即時埋入
  • 即日インプラント
  • インプラントは高い・大変と思われているあなたに
  • オールオンフォーとは?
  • インプラント治療と全身疾患
  • インプラントと歯周病の関係
  • インプラントと喫煙
  • インプラント周囲炎
  • インプラントの治療計画を知りたいあなたに
  • ストローマンインプラントについて
  • CTスキャン
  • インプラントシミュレーション
  • SimPlant
  • インプラントはどこでもできると思っているあなたに
  • 日本口腔インプラント学会 日本口腔インプラント学会専門医・認証医
  • 米国インプラント学会認定医(AAID Associate Fellow)
  • インプラント治療症例
  • インプラントをぜひしてみたいと思われているあなたに
  • インプラント料金案内
  • 治療の流れ
  • 患者様の声
  • よくあるご質問
  • インプラントの保証
  • インプラント無料相談
  • セカンドオピニオン
  • インプラントの日帰り手術
  • 治療費の医療費控除
カテゴリ アーカイブ
インプラント無料相談 ご相談はこちらより インプラント資料請求 Click インターネットで簡単予約 WEB予約はこちら
センターインフォメーション
  • 設備紹介
  • センターツアー
  • センター紹介/アクセス
  • スタッフ紹介
  • 求人案内
診療時間 近鉄大阪駅「長瀬駅」徒歩3分 TEL 06-6723-4182 詳しくはこちら 今西歯科医院 大阪アート矯正歯 大阪歯周病センター 大阪入れ歯・義士センター 求人専用サイトはこちら 所長ブログ スタッフブログ お支払いはカードでも OKです。デンタルローン取り扱い店
PAGETOP

大阪のインプラント専門歯科医院